24才の夏休み

僕の一人称の世界へようこそという感じです

人に合わせすぎるということはないなんて思ってしまう日

何で服を店員さんに聞いて買ったんだっけ?
何で脈絡のないことを喋るのやめようって思ったんだっけ?
何でどぶろっくの「もしかしてだけど」のコードを覚えたんだっけ?
何で好きな曲を人に聴かせるのやめようって決めたんだっけ?
何でラーメン屋以外の美味しい店を探したんだっけ?

 

どれもエゴに蓋をするようなこと。
どれも他人の視線を想像しようとすること。
どこに行ってもいまいち浮いてしまうのが苦しくて。
輪に入れないのが辛くて、ストレスをためこんでばっかりで、ぶつける先は日記と部屋で弾くギターとゲーム。
そんな日常を何とかしたかったんだよね。

でもエゴはエゴで愛らしく、人の気持ちなんて、人が求めるものなんて中々わからなく。

バランスはとれそうですか?
それとももう終わりにしますか?

媚びて媚びて、媚びすぎるということもないとは思ったりしますけどね。
多少ストレスを感じても、それで人間関係が上手くいくのなら最終的にプラスだと思いますけどね。
好かれて、楽しいんじゃないですか?

それともそうやって先の利益に目を向けられず、
刹那的に気持ちよくなろうとしかできないのが俺なんですかね?
それを分かっていながら溺れていきますか?

考えるべきときだと思いますけどね。

正しいと思ったことをできなくて悩んだことはありますか?
宿題をしなきゃいけないのにゲームをしてしまったことがありますか?
それで苦しくなってばかりいませんか?
人生なんて、その連続で、もう疲れましたか?